読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥の奥の奥だけを鳴らせ

好きな寿司ネタはエンガワ

東京19日雑感とレポート

※このブログの記事は嵐ドームツアー「Are You Happy?」の内容です。盛大にネタバレしているのでこれからコンサートに行く方、コンサートにはいかないけど円盤が出るまで詳細を見たくない方はお控えください。


f:id:maguro7:20161123012338j:plain



11月19日嵐のドームツアー「Are You Happy?」に参戦してまいりました。宮城以来なのでお目にかかるのは実に約1年と2か月ぶり。

ステージはこう。

f:id:maguro7:20161123012754j:plain

ムービングステージは往復合わせて5人で3回
大野くん1回
黒いシャーっ!て進む1人乗りステージは中央に翔くん(わりとゆっくり)にの(早い)が来ます。
あいにく翔くんばっかり見ていたのでこれくらいしか覚えていません、スマン。

早速一曲目のお話から始めたいところですが、ちょオープニング映像の感想もいいっスカ!!?
今回OP映像がドキュメンタリーになっていて、楽屋での嵐、リハーサルでの嵐などなど。
コンサートのリハーサルにお仕事の関係上あまり参加できなかった翔くん。4人のリハーサル映像を動画で見て後から一人スタジオに行って練習するのですが、なんとリハーサル室の鏡に張り紙が!その張り紙は4人がニコニコウフフしながら翔くんにメッセージを書いたものなのです(この様子もOPで見れる)!!見てるこちらとしてはもう脳内で「桜~吹雪のぉ~」ってサライが!!流れてる!!!感動のフィナーレかな!!!!? 取り乱しました、失敬。セトリ順に見たものつらつら書いていきますね。

1曲目は「Ups and Downs」嵐登場かと思いきや、最初に登場するのはバンドの皆さんです。肝心の嵐の登場はメインステージ。この曲はぜひ嵐はもちろんスクリーンと照明にも注目していただきたい。スクリーンは昭和アメリカンというか、ギラギラピカピカな感じがとても可愛いのです。照明もとにかくカラフル、上から見たらぜっっったい綺麗です。突然弾ける花火電話会場も一瞬にしてアツアツになります。
2曲目はI seek/Daylightのカップリング「supersonic」、これがまた素晴らしく格好いい。嵐のことまだあんまりわからないよぉって人はアルバムと同時にこのカップリング曲も聞いてくることを勧めます。自分が分からない曲歌われると飽きちゃう人もいるからね。

6曲目は翔くんのソロ「Sunshine」なんすけど衣装がすこぶる可愛いで!いいか!!丸襟なんだ!!!もっと言えば襟の縁に小さいポンポンが沢山ちょんちょんついてやがる!!くっそぅ!!!ヤラレタ!!!必殺白旗!!!!!ジャケットは白地にフランスの国旗みたいに青白赤のストライプ。中にはベスト着用。ステージは家になる。こんな感じ。


f:id:maguro7:20161123012415j:plain


朝ベッドから起きて翔くん毛伸び→窓に移動→太陽グンモーニン!→一階に降りるって感じで移動します。見せ場も含め東京公演からダンスパートを増やしたそうですね。そして翔くんソロから次の曲「To my homies」への繋ぎ方が素晴らしい。「To my homies」(櫻井翔 監修曲)スクリーンには人生ゲームで遊ぶ嵐。おもちゃの札束で扇いだりばら撒いたりして遊ぶ大富豪翔くんおぼっちゃんがえらい格好いいんだ。やまたろの御村くんとは違って下品さがある、最高(失礼)
曲最後にはスクリーンの中の人生ゲームをやり終えた嵐が窓にむかってしんみり話してる場面が映ります。「大きくなったねぇ」とかそんな感じで翔くんから会話が始まったような...

次はお待ちかね、「DRIVE」客席から見た上手から下手方向にパリピオープンカー(オープンカーは下についてるビルと星ごと全部動いて移動)に乗ってグルーっと一周します。座席&イメージはこんな感じ。

f:id:maguro7:20161123012515j:plain

f:id:maguro7:20161123012440j:plain

f:id:maguro7:20161123012458j:plain


助手席の翔くんがカメラ担当です。後ろにいる三人を映すためにかなり頑張ってカメラを回してます。翔くんのセルフカメラの様子はスクリーンに映るので首が痛くなるくらい振り返らないといけない席の方もいるかも..?そして車のナンバープレートにも注目です、ムフフ。細部までこだわりぬかれています。
バクステで一時停車。歌詞にある「季節はずれの打ち上げ花火」の所で本当に花火が上がっちゃう。花火があがるのを待っているとき翔くんが両手で自分のほっぺをはさむポーズ!このぶりっ子!!こちらはまたもや白旗!!!車に乗っているにも関わらず翔潤が後ろを向いて五人手を重ね合わせたと思ったら次の曲「Step and Go」の始まり。ちなみに手を重ねたところで察したファンは断末魔のごとく叫んでた。ギイヤァァァァァァ!!っつってな。


10曲目アルバムのリード曲「Dont't You Get It」後ミニMC


翔「個人的に聞きたいことがあんだけど、皆さんアルバム聴きこんできましたか~?」
(拍手)
翔「おぉ!じゃあちょっとごめん私、僕アルバム買ってないし聴いてないよって人~?」
(ちらほら拍手)
翔「いや!いいの!逆にありがとう!!っていうのは覚えて帰ってほしいのね、覚えて帰ってください!どうも我々が嵐です!!」
潤「SHO!SHO!」(会場の全翔潤クラスタ悲鳴を上げて瀕死)
翔「???」
潤「KAZU!マサキクン!」
翔相和「???」
潤「おーのがいない!」
翔「おーまいがっ!!!!!」
和「Oh!No!」
翔「じゃあみんなで呼んでみよう!」
会場(おーーーのーーー!!!!!)

この流れで11曲目大野くんソロ「Bad boy」。この曲面白い、お笑い的なことでも演出的なことでも面白い。真剣な顔でパントマイムしているのに後ろのスクリーンがはちゃめちゃにふざけてる。本人いわく”アート”らしい。
そして大野くんソロの次の曲が「TWO TO TANGO」(Are You Happy?通常版のみ収録)正直アルバム聞く前はタイトルから、イェイフラメンコ!みたいなのを想像していたのですがここまで大人な曲だとは...一瞬にして情熱的に会場を魅惑の世界に引き込みます。


15曲目「Power of the Paradise」後MC

翔くんのソロ曲の見せ場は、相葉くんが着替えの途中にもかかわらずモニターを見に行くと潤くんからの情報が。(櫻葉クラスタお気を確かに~!!!)
そして5人のこれからのお仕事をそれぞれ発表。相葉くんの口からも紅白の司会をやらさせて頂きますとの発表。

潤「映画ナラタージュで主演を務めました、もう撮り終わったんだけどまだ編集中です。とても面白いと言われたので見ていただきたいです。」
翔「んじゃ、聞いちゃう?相葉ちゃん」
相「そうですね、じゃあ。チューはありますか?!」
潤「ちびっこは耳ふさいでね~!!」
潤「チューどころじゃないッス!」
(ヒュ~)

和「僕はラストレシピという映画(以下略)」
相「チューはありますか!?」
和「チューどころじゃねえよ(イケボ)」

相葉くん紅白の練習してみたら?という流れになり、

相「嫌だよ!次は松潤だよ怒られちゃう!」
翔「あとでwww本気でwwwダメ出しくらうやつwww」

と思いきや4人イヤモ二か何かで松潤からOKサインが出たと確認。

相「んじゃあ、NHK紅白歌合戦白組続いては松本潤さんでBaby blueです。どうぞ!笑」

16曲目潤くんのソロ「Baby blue」めずらしくギラギラな演出、衣装ではないです。そのかわりありのままの潤くんが見られるはず!スクリーンには潤くんのお知り合いの方やお友達とのツーショット写真が次々ながれます。(小栗旬さんや、ムロツヨシさんなどなど)交友関係が広いということは有名ですが改めて潤くんが周りから愛されていることがわかる。そして周りの人に支えて貰っているという事を潤くん自身も感じて歌い上げていたのではないかな。それにしてもほっこりしすぎて顔がニヤけちゃう。

20曲目にのソロ「また今日と同じ明日が来る」Twitterダンスがエロいと話題になっていたけど私はあまりそう見えなかったかなぁ。腰を使ったダンスがあるだけで歌にもマッチしているし、曲終わりには思わず客席から「おぉ..」というため息がこぼれていました。そして次は我らが相葉雅紀ぶちかましてくれたぜ!ソロ曲「Amore」では近年始まったJr.を巻き込む相葉節がさく裂。簡単に説明するとJr.が自転車になってサーフィンボード&波になって相葉くんがヘッドスピンして担架で運ばれるっちゅーやつや!(全く伝わらん!!)最大の見せ場はバク宙、床と頭すれすれで危なかったぁと後から本人が言っていました。本当に危なかったけど綺麗なバク宙でした!これからも怪我の無いように頑張れ〜!!


ミニコーナー【失恋道場】
失恋道場とは恋が実ったら(?)卒業できる道場。いつまでたっても卒業できないのが嵐5人。モテない理由は、にのがひきこもり、大野くんは釣りばかり、翔くんはラブレターを送りまくる変態、潤くんは痛いの大好きドM、相葉くんは無自覚ストーカー。
ちなみに「ドMのJ」で近くにいた警備員のお兄ちゃんが体育座りしながら笑っていました。

ここからの22曲目「青春ブギ」学ランモチーフ衣装最高~!!楽しい、スクリーンでは滝の映像がながれているので5人が滝行しているみたいに見える。
そして歴代シングルハッピーメドレーとアンコール。バンドメンバー、Jr.紹介の時バクステにあるムービングステージの上でしゃがむ大野くんとにの。大野くんがとてもボーっとしていて可愛かった完全に無防備状態。そして翔くんはトロッコに前かがみになって乗りながらステージを見ていました。


f:id:maguro7:20161123012554j:plain


アンコールラストは「Daylight」

後半になるとまたも嵐はエナジーソングで笑顔いっぱいに「それじゃあ、また明日!」と歌う。次会えるのはいつかなぁ。

あ、あと赤いペンライトに囲まれる翔くんいくらに溺れてるみたいで面白かったで、の図。

f:id:maguro7:20161123012542j:plain

ドラマティック ファンタスティック

嵐のNewALBUM「Are You Happy?」ゲットしてきたぞ~!わ~い!!早速開けたらなんとアルバムの構造が面白いことになっていらっしゃった。マトリョーシカかな?めっちゃ小さいCD出てくるの!?って思ったけど全然違かった、みんなそこんところは安心せぇ(?)初回特典のブックレットはペラッっとめくっただけなのにあまりの衝撃(衝撃は衝撃)に泡吹いたゴボボ。まだ見てない方は覚悟してくだちい。


ここからはアルバム&メイキングの個人の感想になります、いくで。※ネタバレ含
シングル曲は省きます。





◎ DRIVE(松本潤プロデュース)

作詞はMacoto56さんが担当。Macoto56さんは潤くんのソロ曲「STAY GOLD」の作詞をした方です。嵐の楽曲では、「ミラクル・サマー」「miyabi-night」などなど...割と最近目にする名前だなぁという印象です。そして作曲&編曲がJeremy Hammondさん。実は名前を耳にしたことがなかったのですがなんとあのイン・ザ・ルームを作曲した方らしいですよ!申し訳ございませんでしたぇい!!
曲名から疾走感あふれるアップテンポな曲だと予想していたのですが、聞いてびっくり超オシャレ!大人っぽくて曲調もあまり激しく上下しない。素敵。


Ups and Downs

作詞 市川喜康
作曲 Joe Lawrence,TrevorIngram
編曲 pieni tonttu
トライトライ!シェケナベイベ!!こんな感じの曲です。超格好いい。(適当ではない)


◎ 青春ブギ(相葉雅紀プロデュース)

作曲 Soul-273
作詞のpaddyさんは最新シングルの「Power of the Pradise」の作詞もなされた方です。編曲のha-jさんは2003年アルバム「How's it going?」の収録曲「Blue」に始まり数々の嵐の楽曲を編集しています。
好き!リズム天国にありそうなくらいリズムがとりやすい。突然の「ハッハッハッ!」「セイヤッ!」にはビックリでしたが(笑)


◎ Sunshine(櫻井翔ソロ)

作詞 kousuke,AKIRA
作曲 Tommy Clint
編曲 石塚知生
Rap詞 櫻井翔
AKIRAさんは「Love Wonderland」「starlight kiss」などの神曲を生み出してるゴッドです。
この曲、イントロで松田聖子さんが出てきそう。とてもさわやかで翔くんが愛おしくなるわ。あぁ、麗しき翔くんよ...


◎ Amore(相葉雅紀ソロ)

作詞作曲編曲 eltvo
Face down」「Sakura」ほかにも多くのシングル曲を担当しているらしいですが、全部ひとりでやるの!?って感じです。ちなみにアモーレってあのアモーレですよね。アレ。アモーレ選手。コンサートではナーナナーの所コールさせてくれそうです。楽しみ。


◎ Bad boy(大野智ソロ)

作詞作曲編曲 HARAJUKUKIDZ
ハラジュクキッズって名前の人が作りそうなネオン系イケイケ曲だなぁ。とてもいい意味で大野さんらしくない。説明しがたいので早く演出が見たいわぁ。ただケンティーが途中で「バッッッボーーーイ」と叫ぶような曲ではない、これは確かやで。


◎ WONDER-LOVE(二宮和也プロデュース)

作詞 KOU&
作曲編曲 Erik Lidbom,Jon Hallgren
とても、おっしゃれーい!本当にニノちゃんプロデュースしてる?(失礼)あーいーしーてーるー!


◎ また今日と同じ明日が来る(二宮和也ソロ)

作詞 Fox.i.e,二宮和也
作曲 Fox.i.e
編曲 Fox.i.e,A-bee
ハッピーポップなアルバムタイトルのときに
真逆な曲調の歌をソロに持ってくると思ってた~!!それ知ってた~!!!感が半端じゃない。ミュージカルみたいな歌ですね。そして、Tell meとは...?Tell meにWhy?しちゃう。


◎ Baby blue(松本潤ソロ)

作詞作曲 100+
編曲 佐々木博史
100+さんは常連ですね。ちなみに100+さん、佐々木博史さんのコンビで過去に「together,forever」を作られています。この曲をイメージで言うと”ちょっとおしゃれなポケ〇ンのOP”。ポケ〇ンマスタージュン。


◎ Miles away(大野智プロデュース)

作詞 100+
作曲 R.P.P
編曲 metropolitan digital cllique
R.P.P.(PPAPではない)さんといえば大野ソロではないでしょうか。最強に最強です。ニノと大野くんの声の重なりがとてもきれいでため息が出ちゃいます。


◎ To my homies(櫻井翔プロデュース)

作詞 BASA
作曲編曲 韻シスト
Rap詞 櫻井翔
あぁはいはい、なるほど聞くまでもなく格好いい(聞け)私には所々ゲレンデって聞こえるところがあるんですけどゲレンデとは言ってないです。でもゲレンデッって聞こえる。ゲレンデマジックだわ。全部雪のせいだわ。


◎ Don't You Get It

作詞 KOU&
作曲 Didrik Thott,Christian Fast,Henrik Nordenback
編曲 吉岡たく,佐々木博史
もうすでにMステでも披露されましたね。なのでメイキング&PVのお話。

MVに出てくるワンちゃん(じんたくんって名前らしい)を相葉くんと潤くんがしゃがんで撫でまわしているんだけど、そのとき大野くん、翔くん、ニノちゃんがとても無な表情で撫でまわされてるじんたくんを見ている、これがまぁじわじわくる。たとえるならばクラスのカースト上位女子が調子に乗ってる陰キャラ女子を睨みつけている感じに近い。ボスは櫻井翔子ちゃん。でもニノとじんたくんのフリスビーシーンはとてもシュールな四コマ漫画を見てるみたいでクスリと笑ってしまうから相性は決して悪い訳ではない。
このメイキング特典の一つ目のポイントは、じんたくんが舌を出しながらハァハァ息を切らしている姿を真似して自分も同じことをする潤くんです。やはりきみはペットだった。
二つ目のポイントはニノと翔くんのマジック指導をしているマジシャン先生。先生がハトを出すときにハトが暴れて顔にバシバシ当たっているのに真顔で「ハトおとなしいですよ。」って言ってるから最高。プラスでニノの乾いた笑い声もいい感じにマッチしてただのコント。あとこの先生やたらカメラ目線でハトを撫でる。ビックリするくらい撫でてるし、だいたい撫でてるときはカメラ見てる。
三つ目のポイントは高確率空いてる相葉くんの可愛いお口。今に始まったことじゃないけれど、ダンスシーンはほぼ口が空いてる。しかしこのダンスシーン超格好いい。五人が揃ったピカピカの革靴をきゅっきゅ鳴らしながら踊る姿は世界一のアイドルであることを証明している!
あと、ニノちゃんがとてもキャッキャ楽しそうで可愛いから笑った時にできる顔のしわにお金をはさめてあげたくなっちゃうよ。
向かい風に立ち向かうシーンでは翔くんの赤いネクタイが良い感じになびいて初代仮面ライダーみたいになってるし、向かい風をうけたあと崩れた前髪を誰一人として直さない嵐って凄い。しかもそのままお疲れ様でした~つって帰っていく!これが嵐だ!!
今夜はアルバムを抱きしめて眠るぞ!!!いい夢見ろよ!あばよ!


Are You Happy?(初回限定盤)(DVD付)

Are You Happy?(初回限定盤)(DVD付)


Are You Happy?(通常盤)

Are You Happy?(通常盤)

NEWSが少女漫画のヒーローだったら

NEWSってみんなお顔が綺麗で可愛くて格好いいから絶対少女漫画に出てきたら恋する対象になってしまうでしょ。ということでNEWSを題材にした少女漫画を勝手に妄想してみることにしましたぁ(ヒュ~)
こんな事してるけど、読んでる漫画はワンピース一本&少女漫画全然読んだことない私なのでお手柔らかにお願いします。



小山慶一郎に恋する場合

いつも優しくて職場のみんなにも大人気の小山先輩!かと思いきや主人公には超ドSな対応!?主人公は「私、小山先輩に嫌われてるのかな...」と心配する日々。ところがある日、仕事でミスをしてしまった主人公を必死でフォローしてくれる小山先輩の横顔を見て胸がトクンッ..と音を立てる(恋に落ちる音)しかし恋のライバル「慶ちゃんの元カノ」が現れて大変大変!になる。


結果:最終的には小山さんとくっつく主人公ちゃん。本当の本当を言うとサラリーマン慶ちゃんのドロッドロな不倫モノがいいんですけど一発目でそれはナシですよね。ハイハイ。





加藤シゲアキに恋する場合

初っ端から主人公がシゲにHITOMEBOREするのだけれど、いざ仲良くなろうとシゲに近づいたら「あっち行けストーカー女」と言われて「もう~~~なにアイツ!!信じられない!!ぷんぷん!」主人公おこ。そこでタイミングよく「シゲの大親友・慶ちゃん★」が現れて主人公はまんまと慶ちゃんに乗り換える「シゲと違って優しい!慶ちゃんスキ><」その頃シゲは毎日付きまとってきた主人公の姿を最近見かけなくてちょっと寂しい。そのことを小山さんに相談すると「シゲはまったく素直じゃないね(笑)」とか言われる(ここでシゲの顔はカアァァと音を立てて赤くなる)でも裏で主人公ちゃんの心を翻弄しているのは大親友慶ちゃんってパターン。

(主人公)< 最近むかつくアイツが私に優しい!?慶ちゃんとシゲの間で揺れる私!!ってちょっと待って!シゲと慶ちゃんが喧嘩してる!!?!?二人とも喧嘩はヤメテ~~~>< 次週「シゲのほんとうのキモチ」お楽しみに~~★★


結果:こちらも最終的にはシゲとくっつく王道パターン。ちゃおでの連載まってる!!





手越祐也に恋する場合

クラスの冴えない女の子に恋をするサッカー少年手越くん。二人の仲は順調に深まっていくのだけれど、ある日突然姿を消す女の子。どうしたものかと周りの人に聞いてみるもそんな女の子は元からいなかったという事になっている。アセルテゴシ。テゴシアセル。泣く泣く家に帰った手越くんは自分宛てに手紙が届いていると母に言われそれを受け取る。そしたらなんと手紙をくれたのはあの女の子だった!!手紙を読んだら「実は私、お菓子の国の妖精なの...うんたらかんたら」という内容のファンタジーアンドファンタジー物語。


結果:残念ながら恋は実らない。けれど手越さんにはとことん切ない顔をして欲しいんだよ!ハッピーエンド反対!!





◎ 増田貴久に恋する場合

遠い町から引越してきた主人公に一目惚れするガキ大将まっすー。好きであるがゆえに主人公ちゃんに意地悪な事を言ってしまうまっすー。ある日傘を忘れた主人公ちゃんが困っているのを見つけるまっすー。無言で「んっ!」と自分の傘を差しだすまっすー。「いいよいいよ」と遠慮する主人公に無理やり傘を投げつけるまっすー。アレ...?




f:id:maguro7:20161023104441j:plain


気持ちを切り替えて最初から。
魚である増田くんは人間になりたくてお母さんに人間の姿にしてもらう。そして念願の人間になって..??





f:id:maguro7:20161023104817j:plain


炎の姿をしているまっs..





f:id:maguro7:20161023104939j:plain




結果:本当にすいませんでした。(土下座)

一緒に勉強したいジャニーズ5選

さぁ、やってまいりました地獄の期末テスト。私の学校は残すところあと6日間。やばい、今このお題でブログを更新しなかったらきっと後悔する!!(逃げたいだけ)さあレッツゴー!!!





菊池風磨Sexy Zone

「お前ほんとやばいよ、まじ将来どすんのやばww」って手の甲を口に当てながら笑ってほしい。普段はバカにしてくるけれど本当にピンチな時はまじめに勉強教えてくれそうだし、普段妹とかに勉強教えてるし教えるのは得意だから~って言いいながらさりげなくいいお兄ちゃんアピールね、でもこれテストで70点取ったらアイス奢ってって言われるやつだヤバい。(とか言いながら頑張ったご褒美にふまたんがアイス奢ってくれるやつ)

f:id:maguro7:20160920204544j:plain





阿部顕嵐(ジャニーズJr.)

放課後に図書館で勉強してる私の隣に無言で座ってそのままソッコー寝てほしい。寝ているだけで十分、君は何もしなくていいんだよ!一時間くらい経ったら「ねぇ、一緒に帰ろうと思ってんだけど、まだ?」って聞いてくれ、寝起きだからちょっと不機嫌でもイイよ。顕嵐は私の前では勉強しないけれどいつも好成績な優秀美少年パターンね。

f:id:maguro7:20160920204614j:plain





藤井流星ジャニーズWEST

放課後誰もいない教室で机くっつけて勉強。教えて貰うんじゃなくて、教えてあげたい。途中で頭ポリポリ掻き出したり終いにはどこかに行っちゃうか、寝ちゃうかだろうけれど。でも大好きな彼女にえらいえらいされると喜びそうだから褒めながら勉強を進める作戦。最後は当然とでもいうような顔でちゃんと家まで送ってくれるオプション付きの流星くんだよ~!イヨッ!!ちなみにちょっと悪ガキっぽい容姿でいてくれたら尚良し。

f:id:maguro7:20160920204629j:plain





◎ 長妻怜央(ジャニーズJr.)

勉強教えてって言うから家に行くもののスウェットに前髪ちょんまげスタイルで「おっ!来た来たいらっしゃい~」って迎えてくれるんでしょ(勉強する気はない)。前髪ちょんまげ待ってたハイタッチ~~!!女の子が来るからって普段床に散らばっている服とかゲームを隣の部屋にほうり投げて俺の部屋いつも綺麗ッス”風”にして出迎えてくれたらめっちゃ可愛い...。英語が苦手らしいから英語から教えてあげたいなあ、私も英語苦手だけど。

f:id:maguro7:20160920204651j:plain




北山宏光Kis-My-Ft2

「俺教えるのとか下手だからこれ見て勉強して」って言いながらノート貸してくれるやつ。(しかも字がめっちゃ綺麗)一緒には勉強してくれないけれどまとめた全教科分のノートをわざわざ作ってくれる。”俺、別に徹夜してお前のためにノート書いてるわけじゃない”感を出しながらサラッと渡してほしいし、なんなら机の上に置いておくぐらいのスマートさがあってもいい。可愛い付箋にありがとって書いたのを貼ってノート返そう...。

f:id:maguro7:20160920204706j:plain





思ったけれど私ジャニーズ○○選みたいなの大好きすぎやろ。こういう遊びしてたらいつのまにか想像力が豊かに(聞こえがいい)なってしまった。現代文は100点かな?ワクワク

ジャニーズプリンス軍団 7選

 

題名の通りです、レッツゴー!

 

 

小瀧望×フリン・ライダー

塔の上のラプンツェル

 

f:id:maguro7:20160912220202j:image

 

まさかのプリンスが泥棒っていうあるまじき設定だけれど、女の子にフライパンでバシバシ叩かれるのが好きそうな顔をしている小瀧くんにぴったりでは?!(失礼)あと、フリン・ライダー王子意外とロマンチストなんですよね。

 

 

佐藤勝利×アラジン

『アラジン』

 

f:id:maguro7:20160912220703j:image

 

アラジンは街の食べ物を盗むフリン・ライダーとは違う類のワルなんすよね。でも道端で見かけた自分と同じようにお金がなく食べ物が買えない子供に自分が盗んだパンを分けて上げるっていう正義なのか正義じゃないのかよくわからない行動をとる面倒見がいい素敵な好青年。なによりアジア美人みたいなところが似てるから佐藤アラジン勝利で決定。

 

 

今井翼×アダム

美女と野獣

 

f:id:maguro7:20160912220945j:image

 

似てるー!なんとなく似てるだけ&個人的に今井翼にやって欲しいだけ。アダム王子、見た目によらず中身は不器用で繊細でめっちゃ面倒くさそうだけど姫をなにより大切にしてくれそう!!私、美女と野獣1番好きなんですよ(知らん)ベルの青い普段着は可愛くて永遠の憧れです...

 

 

山口達也×エリック

 『リトル・マーメイド』

 

f:id:maguro7:20160912221242j:image

 

完璧見た目。中身は多分似てないなぁ..以上!

 

 

高木雄也×フィリップ

『眠れる森の美女』

 

f:id:maguro7:20160912221334j:image

 

見た目はシャンとしてるけれどきっと中身は素直で優しくて面白い人。高木くんもそういうイメージだからなんとなく。茨の道を掻き分けて助けに来てくれるのはいいけれど高木くんの場合髪の毛に刺が絡まって早々に降参しそうな所あるよ。

 

 

櫻井翔×チャーミング

『シンデレラ』

 

f:id:maguro7:20160912221655j:image

 

名前の通りチャーミングキラキラキュルリンな翔きゅん一択でしょう!!

名前呼ぶたびにやたらシンデレラの"レラ"の部分舌巻きそう、

ノノ`∀´ル 「ラップやる人がシンデレラって言ったらこうなるんだろうなって思った!」

(`・З・´)「シンデレルァ!」

(´・∀・`)「コイゴコロゥ!」

 

 

小山慶一郎×プリス

『白雪姫』

 

f:id:maguro7:20160912222226j:image

 

寝てる姫に一目惚れするんだよ、プリス王子ヤバくない?普通に考えてチャラい。

(´-」-`) 「え、やば超可愛いじゃん、ねぇ小人さんこれ写メとっていい?」

(´-」-`) 「キスしていいの?マジ?ほんとに俺しちゃうよ??え、リンゴの毒唇に残ったりしてない??ねぇ△◎tj//@?!?!☆〜ww」

 

 

 

 

 

自分は自分が好きなオタクになれたか

中学の頃仲良くしていたバドミントン部仲良し6人組のうちの1人が私。そのうち3人がジャニオタ。私は櫻井担で他2人は二宮担だった。

私の中学校のバドミントン部は先輩たちも他とは一線を引いているようなイケイケ、つまりカースト上位組が集まったもので、当然のように私もそういうグループに入っていた。というか自然になっていた。部活のユニフォームデザインで対立したときも私たちのグループが選択権を得られたし、そうやって意見が通るのが気持ちよかった。

 

そんなグループでリーダー的ポジションだったのがMちゃん(@二宮担)。ある日Mちゃんが「同担拒否の人ってなんなの?同担拒否に拒否だわ」と言い出したのでつられて私も”同担拒否に拒否”というのに賛成していた。けれど私は私自身に同担拒否体質があることを自覚していたので言ってることと考えている事が正反対すぎてモヤモヤした。というかあの頃はずっとモヤモヤしてた。

 

Mちゃんはきっと同担拒否をしているんじゃなくて、他の嵐ファンより自分が一番嵐を知っている自信があるって余裕を見せたかったんだと思う。やたら上から「この曲嵐も好きだから覚えておきな」「この曲知ってる?知らないとやばいよ聞きな」なんて言ってくる。そんな事しってるわ!って思うことが大体だったけれどそんなことを言う気力すらない。そうやって大体のことを受け流してきたけれど一番言われて嫌だったセリフはいまだに鮮明に覚えている。

Mちゃん「ねぇ、謎ディ見てるでしょ?翔くんになりたい?北川景子になりたい?」

私が北川景子になりたいって答えると、「へぇ、本当の翔くんファンは翔くんになりたいって言うらしいよ」と言ってどこかへ行ってしまった。私には理由を話す時間も意見する暇もないのか。てか、そんなの知らんがな。誰情報で誰調べだよ。そんな怒りと悲しみと悔しさと疑問が交差してぐちゃぐちゃになって涙が出そうだった。嫌いだった、Mちゃんは好きだったけれど私の好きな人の話をするMちゃんは大嫌いだった。

 

それからずいぶん時間がたった頃にMちゃんが「NEWS好きになった!DVD買ってもらっちゃった!!」と言ってきた。そして毎日NEWSのあれこれを聞かされながら登下校するようになる。

Mちゃんは”さくらガール”が大好きで手あたり次第MVを皆に見せて回っていた。(当然私も餌食に)

ある時エイトファンの錦戸担の友達にさくらガールのMVを見せたら「シゲ格好いいね、NEWS私も気になってきた!」と言われたらしい。そのとき何故かMちゃんはひどく怒った。「私のシゲじゃん、なんで真似するんだろ最悪」このときほんの一瞬でも”シゲが一番格好いいね!って言わなくて良かった”と思ってしまった。ここでも私は「手越くんが一番じゃない?NEWSで一番好き」と、心で思っていることとは違うことを発していた。本当は私だってシゲが一番格好いいっていっぱいいっぱい言いたかったのに。(同担拒否を唄っていたMちゃんのくせに来るもの超拒むやん...)

 

 いつだってMちゃんの意見に逆らうことはできたと思う。それでも自分の気持ちを正直に伝えられなかったのは心のどこかでMちゃんに嫌われたくないという思いがあったから。もし嫌われたら私がコツコツ上ってきたイケイケ組の階段からいつか突き落とされるかもしれないとまで思っていた。必ずしもMちゃんが悪い訳ではないし、私はMちゃんが嫌いなわけでもない。毎週のように遊んで部活の練習で共に汗を流して嫌な部分と同じくらい、いや、その倍Mちゃんの良い所だって知っている。

もう何年も会っていないけれどアッチは彼氏ができて幸せそうだ。私は今、正直にまっすぐな気持ちで自分の大好きな自分のままシゲを愛していることが幸せだ。シゲが好きな自分さえも好きになれた。だから次Mちゃんと再会するなら、ぜひ嵐かNEWSの現場がいいな。きっとお互い自分の好きに自信をもって会えるから。

 

原点回帰

私が最後に買った嵐のDVDはPopcornだから7作前。Blast in Miyagiは母が購入したので嵐のDVDに自分でお金を出したのは実に3年ぶり、Japonismを買ってきた。ジャニーズが日本の文化に触れて和と戯れている姿が大好きでたまらないから、このDVDはなんとしてでも買うと決めていたので発売日にタワレコに駆け込んで初回限定プレスをゲットした。ワクワクの気持ちも一緒に持ち帰ってその日のうちにDVDを再生。

 

初めにJaponismとかかれた垂れ幕がバサリと落ちてスクリーンが露わになる。OP映像が終わってメインステージに5人の姿が出てきたときに思わず泣いてしまった。大好きで大好きだった嵐が一瞬で会場を歓喜の渦に巻き込んでキラキラしていて、とてもとても格好よかった。

 

一曲目のSakuraが終わた後に一人ひとりの挨拶。正座した潤くん、他4人の「隅から隅までずぅいーーっと」「お楽しみくださいましょう!」という掛け声と共に始まるmiyabi-nightではスクリーンが金に染まってそこに竜が描かれている。まるで嵐の後ろに大きな屏風が立っているかのようだ。スクリーンの映像が今までで一番意味を持ってしっかり作品の一部になっているなあと感じた。

ワイルドアットハート和楽器で演奏されていて、アップテンポなリズムに合わせてスクリーンでは次々と襖(ふすま)が開けられていく。ムービングステージに立ち、ペンライトの宇宙で歌って踊る嵐は私が大好きなそのままの嵐だった。

 

MUSIC(二宮)

全身を使って大きく客席にアピールしているニノの姿が凄く可愛くて、でもタップダンスしてる姿は格好よくて、まるで格好いいと可愛いの間で反復横飛びしているニノを見せられてるみたい。可愛いってあと何年言われ続ければ気が済むのかしら、でもニノはいつでも最高にキュートだからオールオッケー!(甘い)

 

Don't you love me?(松本)

今回のソロ曲の演出ではパルクールってものに挑戦したらしいけれど、潤くんがパルクールに触れなかったら私は一生知ることがなかったかもしれない。何者かに追われてる潤くんが用意されたボックスとか高台を乗り越えたりするんだけれど、そこで所々入る潤くん目線の映像でドキドキハラハラ感が味わえて最高。DVDの特権です。

 

イン・ザ・ルームは5人が別々の場所に置かれているソファとか階段に座りながら歌い始めるんだけれど、5人の底なしの色気が溢れて止まらない。”目が合ったらそこでお終い”で有名の櫻井翔帝王かと!?音楽が止まり会場が静かになった中スクリーンが赤く染められて大さびに入る流れは思わず溜息がでる。そこから次の曲がマスカレードっていうのも二重丸花丸。アラジャポ・トークでも5人が言っていたけれどマスカレードは歌謡曲みたいだし、いい意味で振り付けも古臭い。きっとジャニーズの歴史をより多く見て来た大野くんだからこそ考えられる振り付けなんだろうなと思った。Cメロ前に5人が手を合わせるところと言い、大さびで金の紙吹雪が降る所と言いすべての演出が素敵だったのだけれど一番の見どころはやっぱ最後に口に含んだ水を吹き出すところなんじゃないかな。演出として新しいし超クール!

 

日本よいとこ摩訶不思議はJr.マンションがあったり右でローラースケートを履いて回るJr.、左ではアクロバットかましてるJr.、センターには首に赤と水色のレイ的なもの(タキツバの夢物語のような)を下げたJr.二人組なんかがいて一つのステージでジャニーズのあるあるが全部みられるから贅沢。

君への想いではスクリーンに歴代のジャニーズの名前が次々と浮かび上がって、嵐の子供の頃の写真が1994年から1999年(嵐のデビュー年)まで流れる。1999年からは嵐5人の写真が流れ始めるんだけれど、この素晴らしいジャニーズの歴史に嵐が名を刻んでいることを改めて誇らしく感じられた。

ずっと君は 僕の夢を 願い続けてくれたから 

いまそっと 君の幸せだけを隣で願おう

 

このフレーズ は今の嵐だからこそ歌えるものだなと聞けば聞くほど愛おしくなる。

 

Rolling days(櫻井)

この曲では翔くんはパーカッションに挑戦していて、無音の中一人でドラムをたたく所から始まる。翔くんが一歩進むごとに後ろに真っ赤なバラが咲いていくような、綺麗だけど儚い感じが翔くんにぴったりで良かった。やっぱり翔くんは真っ赤に染まった会場で歌う姿が一番格好いいし一番大好き。

 

Mr.FUNK(相葉)

有名な相葉宗教曲第2弾。登場からビックリ、大きいバルーンから垂れ下がった布につかまりながら登場。エアリアルテシューというものに挑戦しているのだけど、失敗しないって知っていてもやっぱり心臓をドキドキさせながら見守ってしまう。あれ命綱無しだもんね?

 

Boleroはいい意味でJaponismらしくないカーニバルを想像させるような曲。スクリーンも会場もカラフルで、何よりサンバを踊る末っ子2人が超可愛い!!ニノがアラジャポ・トークで歌っていて気持ちいい曲だっていっていたのでカラオケで盛り上がりながら歌うのもマル。

 

暁(大野)

これは凄い。Kyo To Kyoを連想させるような。番傘を次々と出したり大きな扇子がどこからともなく登場したりジャニーズのお家芸ともいえるえマスクマジックなんかしたり、しまいには赤い布を被ったと思ったら大野くんが消えていて上のJr.マンションで使われていたステージから消えたはずの大野くんが登場するという、歌が始まってないのにもかかわらずミラクルが大渋滞。歌はもちろんダンスも指先から流れるようにしなやかで、でも力強くて、大野くんの素敵な要素が詰まった素晴らしいものだった。

 

Disc2の1曲目はJaponesque。この曲はJaponismで一番と言ってもいいくらい好き。和楽器の代表である和太鼓、三味線などの演奏から始まり紫の和服に包まれた嵐が登場する。衣装の柄もさりげなく一人ひとり違うところがツボ。ハラハラ舞い落ちる桜吹雪の中で傘をさしたり手をゆらゆらさせる姿は美しい以外の何物でもない。歌と演出すべてが私の求めていたやつだった、早くオタ会して皆に自慢したい!

リード曲である心の空では赤い衣装に早変わり。衣装には兜のような装飾がされていて細部まで格好いい。前の曲で降ってきた桜は5人がスッテプを踏むごとに嬉しそうに舞い上がる。後ろのスクリーンには日本の四季が映し出されてそれに合わせて踊る嵐がまた格好いい。

 

 

ツアーのテーマが「原点回帰」。私自身も翔くんを好きになったその日のままの気持ちで見られたような気がする。今は一番の存在ではなくなってしまったかもしれないけれど、そんな私でも嵐に向ける感情はなんでも愛しかないってことを私自身忘れないでいたい。

嵐は特別で別格なものと勘違いしてる人もいるけれどそうじゃない、もっと皆に寄り添って触れ合って一緒にいてくれるグループってことをもっと知ってほしい、私も今回のDVDで再認識できた気がする。大野くんはいつも眠そうであまり話さない、翔くんは知的でキャスターもしてる、相葉くんは少し天然の癒しキャラ、ニノは口が達者なゲーム好き、潤くんは格好つけたがる二枚目キャラ?どれも間違いでは無いけれど嵐をもっと知ったら5人のそんな固定されたイメージにだってきっと変わるはず。知らないのはもったいない、だから皆に見せたい。嵐って凄いんだよ!