読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥の奥の奥だけを鳴らせ

好きな寿司ネタはエンガワ

東京19日雑感とレポート

※このブログの記事は嵐ドームツアー「Are You Happy?」の内容です。盛大にネタバレしているのでこれからコンサートに行く方、コンサートにはいかないけど円盤が出るまで詳細を見たくない方はお控えください。


f:id:maguro7:20161123012338j:plain



11月19日嵐のドームツアー「Are You Happy?」に参戦してまいりました。宮城以来なのでお目にかかるのは実に約1年と2か月ぶり。

ステージはこう。

f:id:maguro7:20161123012754j:plain

ムービングステージは往復合わせて5人で3回
大野くん1回
黒いシャーっ!て進む1人乗りステージは中央に翔くん(わりとゆっくり)にの(早い)が来ます。
あいにく翔くんばっかり見ていたのでこれくらいしか覚えていません、スマン。

早速一曲目のお話から始めたいところですが、ちょオープニング映像の感想もいいっスカ!!?
今回OP映像がドキュメンタリーになっていて、楽屋での嵐、リハーサルでの嵐などなど。
コンサートのリハーサルにお仕事の関係上あまり参加できなかった翔くん。4人のリハーサル映像を動画で見て後から一人スタジオに行って練習するのですが、なんとリハーサル室の鏡に張り紙が!その張り紙は4人がニコニコウフフしながら翔くんにメッセージを書いたものなのです(この様子もOPで見れる)!!見てるこちらとしてはもう脳内で「桜~吹雪のぉ~」ってサライが!!流れてる!!!感動のフィナーレかな!!!!? 取り乱しました、失敬。セトリ順に見たものつらつら書いていきますね。

1曲目は「Ups and Downs」嵐登場かと思いきや、最初に登場するのはバンドの皆さんです。肝心の嵐の登場はメインステージ。この曲はぜひ嵐はもちろんスクリーンと照明にも注目していただきたい。スクリーンは昭和アメリカンというか、ギラギラピカピカな感じがとても可愛いのです。照明もとにかくカラフル、上から見たらぜっっったい綺麗です。突然弾ける花火電話会場も一瞬にしてアツアツになります。
2曲目はI seek/Daylightのカップリング「supersonic」、これがまた素晴らしく格好いい。嵐のことまだあんまりわからないよぉって人はアルバムと同時にこのカップリング曲も聞いてくることを勧めます。自分が分からない曲歌われると飽きちゃう人もいるからね。

6曲目は翔くんのソロ「Sunshine」なんすけど衣装がすこぶる可愛いで!いいか!!丸襟なんだ!!!もっと言えば襟の縁に小さいポンポンが沢山ちょんちょんついてやがる!!くっそぅ!!!ヤラレタ!!!必殺白旗!!!!!ジャケットは白地にフランスの国旗みたいに青白赤のストライプ。中にはベスト着用。ステージは家になる。こんな感じ。


f:id:maguro7:20161123012415j:plain


朝ベッドから起きて翔くん毛伸び→窓に移動→太陽グンモーニン!→一階に降りるって感じで移動します。見せ場も含め東京公演からダンスパートを増やしたそうですね。そして翔くんソロから次の曲「To my homies」への繋ぎ方が素晴らしい。「To my homies」(櫻井翔 監修曲)スクリーンには人生ゲームで遊ぶ嵐。おもちゃの札束で扇いだりばら撒いたりして遊ぶ大富豪翔くんおぼっちゃんがえらい格好いいんだ。やまたろの御村くんとは違って下品さがある、最高(失礼)
曲最後にはスクリーンの中の人生ゲームをやり終えた嵐が窓にむかってしんみり話してる場面が映ります。「大きくなったねぇ」とかそんな感じで翔くんから会話が始まったような...

次はお待ちかね、「DRIVE」客席から見た上手から下手方向にパリピオープンカー(オープンカーは下についてるビルと星ごと全部動いて移動)に乗ってグルーっと一周します。座席&イメージはこんな感じ。

f:id:maguro7:20161123012515j:plain

f:id:maguro7:20161123012440j:plain

f:id:maguro7:20161123012458j:plain


助手席の翔くんがカメラ担当です。後ろにいる三人を映すためにかなり頑張ってカメラを回してます。翔くんのセルフカメラの様子はスクリーンに映るので首が痛くなるくらい振り返らないといけない席の方もいるかも..?そして車のナンバープレートにも注目です、ムフフ。細部までこだわりぬかれています。
バクステで一時停車。歌詞にある「季節はずれの打ち上げ花火」の所で本当に花火が上がっちゃう。花火があがるのを待っているとき翔くんが両手で自分のほっぺをはさむポーズ!このぶりっ子!!こちらはまたもや白旗!!!車に乗っているにも関わらず翔潤が後ろを向いて五人手を重ね合わせたと思ったら次の曲「Step and Go」の始まり。ちなみに手を重ねたところで察したファンは断末魔のごとく叫んでた。ギイヤァァァァァァ!!っつってな。


10曲目アルバムのリード曲「Dont't You Get It」後ミニMC


翔「個人的に聞きたいことがあんだけど、皆さんアルバム聴きこんできましたか~?」
(拍手)
翔「おぉ!じゃあちょっとごめん私、僕アルバム買ってないし聴いてないよって人~?」
(ちらほら拍手)
翔「いや!いいの!逆にありがとう!!っていうのは覚えて帰ってほしいのね、覚えて帰ってください!どうも我々が嵐です!!」
潤「SHO!SHO!」(会場の全翔潤クラスタ悲鳴を上げて瀕死)
翔「???」
潤「KAZU!マサキクン!」
翔相和「???」
潤「おーのがいない!」
翔「おーまいがっ!!!!!」
和「Oh!No!」
翔「じゃあみんなで呼んでみよう!」
会場(おーーーのーーー!!!!!)

この流れで11曲目大野くんソロ「Bad boy」。この曲面白い、お笑い的なことでも演出的なことでも面白い。真剣な顔でパントマイムしているのに後ろのスクリーンがはちゃめちゃにふざけてる。本人いわく”アート”らしい。
そして大野くんソロの次の曲が「TWO TO TANGO」(Are You Happy?通常版のみ収録)正直アルバム聞く前はタイトルから、イェイフラメンコ!みたいなのを想像していたのですがここまで大人な曲だとは...一瞬にして情熱的に会場を魅惑の世界に引き込みます。


15曲目「Power of the Paradise」後MC

翔くんのソロ曲の見せ場は、相葉くんが着替えの途中にもかかわらずモニターを見に行くと潤くんからの情報が。(櫻葉クラスタお気を確かに~!!!)
そして5人のこれからのお仕事をそれぞれ発表。相葉くんの口からも紅白の司会をやらさせて頂きますとの発表。

潤「映画ナラタージュで主演を務めました、もう撮り終わったんだけどまだ編集中です。とても面白いと言われたので見ていただきたいです。」
翔「んじゃ、聞いちゃう?相葉ちゃん」
相「そうですね、じゃあ。チューはありますか?!」
潤「ちびっこは耳ふさいでね~!!」
潤「チューどころじゃないッス!」
(ヒュ~)

和「僕はラストレシピという映画(以下略)」
相「チューはありますか!?」
和「チューどころじゃねえよ(イケボ)」

相葉くん紅白の練習してみたら?という流れになり、

相「嫌だよ!次は松潤だよ怒られちゃう!」
翔「あとでwww本気でwwwダメ出しくらうやつwww」

と思いきや4人イヤモ二か何かで松潤からOKサインが出たと確認。

相「んじゃあ、NHK紅白歌合戦白組続いては松本潤さんでBaby blueです。どうぞ!笑」

16曲目潤くんのソロ「Baby blue」めずらしくギラギラな演出、衣装ではないです。そのかわりありのままの潤くんが見られるはず!スクリーンには潤くんのお知り合いの方やお友達とのツーショット写真が次々ながれます。(小栗旬さんや、ムロツヨシさんなどなど)交友関係が広いということは有名ですが改めて潤くんが周りから愛されていることがわかる。そして周りの人に支えて貰っているという事を潤くん自身も感じて歌い上げていたのではないかな。それにしてもほっこりしすぎて顔がニヤけちゃう。

20曲目にのソロ「また今日と同じ明日が来る」Twitterダンスがエロいと話題になっていたけど私はあまりそう見えなかったかなぁ。腰を使ったダンスがあるだけで歌にもマッチしているし、曲終わりには思わず客席から「おぉ..」というため息がこぼれていました。そして次は我らが相葉雅紀ぶちかましてくれたぜ!ソロ曲「Amore」では近年始まったJr.を巻き込む相葉節がさく裂。簡単に説明するとJr.が自転車になってサーフィンボード&波になって相葉くんがヘッドスピンして担架で運ばれるっちゅーやつや!(全く伝わらん!!)最大の見せ場はバク宙、床と頭すれすれで危なかったぁと後から本人が言っていました。本当に危なかったけど綺麗なバク宙でした!これからも怪我の無いように頑張れ〜!!


ミニコーナー【失恋道場】
失恋道場とは恋が実ったら(?)卒業できる道場。いつまでたっても卒業できないのが嵐5人。モテない理由は、にのがひきこもり、大野くんは釣りばかり、翔くんはラブレターを送りまくる変態、潤くんは痛いの大好きドM、相葉くんは無自覚ストーカー。
ちなみに「ドMのJ」で近くにいた警備員のお兄ちゃんが体育座りしながら笑っていました。

ここからの22曲目「青春ブギ」学ランモチーフ衣装最高~!!楽しい、スクリーンでは滝の映像がながれているので5人が滝行しているみたいに見える。
そして歴代シングルハッピーメドレーとアンコール。バンドメンバー、Jr.紹介の時バクステにあるムービングステージの上でしゃがむ大野くんとにの。大野くんがとてもボーっとしていて可愛かった完全に無防備状態。そして翔くんはトロッコに前かがみになって乗りながらステージを見ていました。


f:id:maguro7:20161123012554j:plain


アンコールラストは「Daylight」

後半になるとまたも嵐はエナジーソングで笑顔いっぱいに「それじゃあ、また明日!」と歌う。次会えるのはいつかなぁ。

あ、あと赤いペンライトに囲まれる翔くんいくらに溺れてるみたいで面白かったで、の図。

f:id:maguro7:20161123012542j:plain