読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥の奥の奥だけを鳴らせ

好きな寿司ネタはエンガワ

新年バンザイ

あけましておめでとうこざいます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、7日に舞祭組の「道しるべ」リリースイベントIN仙台行ってきました!
てことは、今年一発目に会ったジャニーズが舞祭組になるわけだ。



舞祭組の『日本縦断~道しるべの旅~』という企画が決まったと知った時からイベント内容を全く把握していないのにも関わらず必ず行くと決めていたので行けてよかった...。


前回は「Thank youじゃん」のときに玉森くんと宮田くんが宮城に来てくれたのですが、予定が合わず行けなかったのです。それもあって今回はなにがなんでも行く、とすべてを投げ捨てて電車に飛び乗りました。

毎晩12時にavexのサイトへアクセスしてようやく..ようやく...(もうわかった)



開催地が仙台と決まった瞬間、秒でとりあえず一緒に舞祭組に会いに行ってくれそうな知り合いのジャニオタみんなにLINE送ったよな。寝てる人もいたしそりゃ急だから行けないわな、わぁーとるわ!

てことでTwitterで検索かけて一緒に行ってくれるという優しくて美人の玉森担の大学生お姉さんと行きました。めでたし。



朝3:45に起きてバスのない暗い中歩くこと25分、そこから地下鉄やら電車やらに揺られて会場についたのが6:25。できるだけ早く会場入りしたつもりが整理券番号は400番代でした。

400番代っていってもラジオの公開録音は優先エリアの真ん中で聞けたし、
まあ自分頑張ったな感はありましたね、ハイ(やりきった顔)


会場が空港の近くという事もあって飛行機が向かってくるたびに「舞祭組はあれに乗ってるのかな?」なんて話をして笑ったり、スタッフさんが「ファンの行列を写真で撮り、舞祭組に送ったら4人とも楽しみにしていると連絡が来ました〜!」などと呼び掛けてくれたおかげで待っている時間もとてもいい雰囲気で心がポカポカでした(体はくそ寒いけどな!)


イベント開始の10:30の5分前くらいに白いワゴンが颯爽と現れる、そう乗っているのは舞祭組!イヨッ!待ってました!!仙台のステージがまさかのトラック(トラックにステージがセットしてあるとかじゃなくてほんまもんのトラック)で舞祭組の4人もビックリ(笑)俺らっぽくていいじゃん!なんて優しいコメントを頂いたので「なんていい人たちなのゥンンン」と感動。


曲は生歌で「棚からぼたもち」と「道しるべ」の2曲を披露。ニカちゃんは道しるべを歌っている最中に、すぐ横の道路を走っていったトラックの運転手さんとガッツリ目が合い二度見されたそうです。そらそうなるわ。


ハイタッチは千賀さん→ニカちゃん→宮っち→横尾さんの順番。ヒールを履いているもののやはり4人の身長が激高に感じたのでこれは見上げる形になりそうだな...と思いながらいざハイタッチへ向かったら、なんと私が顔を上げる前に千賀さんが顔を覗き込むようにして目線を合わせてくれました。
ハイ、ここでタッチ流して~!タッチだけにな!!(呼吸を止めて1秒~あなた真剣な目をしたから~)恋ね、これが完全なる恋なのねトゥクン..と胸が高鳴っているままニカちゃんとハイタッチ。勢い余って「好きですッッ!!」と言ったらビックリ顔をした後「ありがとう^^」と笑顔で言ってくれましたありがとう..いまだかつてこれ程までに「ありがとう」という言葉の大切さを感じたことはあったか!?あったのか!?私の筋肉どうなんだい!!筋肉ルーレットスタート!!!!!


ハイ、そして宮っち。宮っちは登場の瞬間から「アレ、王子様?」と本気で思うくらい美しい。テレビでいじられているのを見ていたからかなんとなく親しみやすい庶民派アイドルかと思っていたら全然そんなことなかった。良い意味で!私的ギャップ大賞2017年のMVPありえるぞこれは。(しらん)とにかく横を向くたびにサラサラと髪の毛が揺れ、きめ細かで白い肌はまるで鏡餅のよう、そして小さいお顔に長く細い脚。

ガチ皇子じゃん!!


まあ、そうそんなこと考えてたら無言のまま宮っちとのハイタッチ終わってたよね。宮っちとハイタッチ。宮っちとハイタッチ。語呂良いな。

横尾さんはとにかくイケメン過ぎたので勢いでプロポーズしようとしたんですけど背中を押す手が強くなり弾き飛ばされました。スタッフ強い。それなのにわずか数秒の間で目と目を合わせて「ありがとう」と言ってくれたので惚れました(チョロい)まあほら私って小学校の時から避難訓練で男の子に「先行っていいよ」って言われただけでトキメいちゃうぐらいチョロい女じゃん?星が滅びるぐらいどうでもいい話してすまんな。


舞祭組のファンやスタッフに対する心遣い。椅子が用意されているにもかかわらず後ろにいるお客さんが少しでも自分たちを見られるように、と一度も座らず最後までたってパフォーマンスしてくれました。(しかもこれ、仙台に限った話ではないらしい)


舞祭組4人の面白いトークと素敵な歌で年明け早々とても幸せな時間を過ごせました。CDを売ろうという強い気持ちが伝わってきたのでなんとかして1位を獲ってほしいですね。



よ〜〜しオタク、舞祭組のためにお金出しちゃうぞぉ〜〜!!