読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥の奥の奥だけを鳴らせ

好きな寿司ネタはエンガワ

ここ最近のあれこれ

「櫻井くんに熱愛報道がでましたが、どのような気持ちですか!?」

友達が片手でマイクを握るポーズをしながら記者の真似をして私に質問してきた。

正直なんとも思っていない。「悲しいor祝福してる」の二択で聞かれたらそれはもちろん悲しい。けれど悲しいの一言では決して片付ける事ができない感情を簡単な言葉で表すのは難しい。

そもそも私はアイドルの熱愛報道には極力触れたくない。
それは自分が傷つくからというよりも、私の中の”アイドル○○くん”を壊したくないからだ。

見ない。触れない。騒がない。


本人の口から直接なにかを聞き出したいファンの方もいるけれど、そもそもどんな言葉を期待しているのだろう?
交際を否定する言葉か、それとも肯定する言葉か。はたまたお騒がせして申し訳ありませんという謝罪の言葉か?

私はなんにも聞きたくない。


プライベートの写真を雑誌でここぞとばかりに載せてくれるのはこちらとしてはありがたい。とてもファン想いだとも思う。けれど今回はそれが仇になったアイドルもいる。
ジャニーズはいい意味でも普通じゃないと思う。今の時代では非常に珍しく公式のSNSもない。近い存在なのか近くないのか、存在するのかしないのか。すべてを見せず所々ミステリアスであるからファンの想像力を掻き立ててくれるのだと思うし、そんな彼らの事を考える時間は楽しいものだと思っている。



好きな人の幸せが自分の幸せとは限らない。応援しているジャニーズに彼女がいることを知ったら応援する気がなくなるのも、悲しくなったり嫉妬でどうしようもなくイライラしたりする気持ちも全部悪いことだと思わない。むしろそれほど好きだった証拠とも言える。
アイドルに本気で恋をしているしていないに関わらず「嫌なものは嫌だ」という気持ちだってわかる。



長年、本当に長年わたしがずっと愛してきた翔くんもついに撮られたかぁ。

もし、翔くんも私みたいな庶民と同じよう恋することに幸せを見出していたら、彼女だけに誰も知らない自分の素顔をさらけ出していたら、キラキラしている舞台から降りたあと、帰り道の外から見える自分の家の窓から暖かい光が漏れ、あったかいご飯とふかふかの布団が翔くんを幸せで包みこんだら...




幸せ感じる翔くん、めちゃめちゃ可愛い!!!!!!



感じるバランスちょっと変えてみれば、世界は素晴らしくならないかもしれないけれど少しはマシになりますよ。